事故により生じる慰謝料や損害賠償について

もしも事故により被害を受けた場合、事故を起こした加害者に対して、何らかの償いをさせたいと思うのが本音になります。償いの方法には、損害賠償や慰謝料などがあります。法律的、慣習的な解釈では損害賠償は不法行為によって発生した物理的、肉体的の損傷に対して、慰謝料は不法行為によって発生した精神的な苦痛に対して発生する賠償のことを言います。

慰謝料の対象となる精神的苦痛は、その傷の深さを見ることも測ることも出来ないため、ほとんどの慰謝料請求は被害者側の感覚に基づいた金額で行われることになります。事故による慰謝料請求は被害者側の正当な権利であり、請求することに関しては何の制限もありません。

しかし法律の素人がこの請求を行うとなるとかなりの至難の業になるため、スムーズに請求を行うためには弁護士を雇うことがとても重要になってきます。損害賠償については、その内訳が治療費、入院費、通院交通費、入院雑費、付き添い看護費用、休業損害などが含まれてきます。

弁護士に依頼すればこれらの損害賠償、慰謝料ともに計算し考え交渉してくれます。うまく交渉が成立できなければ精神的にもダメージは大きいものになりさらなる苦痛を強いられることもあるため、弁護士とともに慎重に交渉することが大切になってきます。

「交通事故の慰謝料が妥当な額か判断するポイントとは」

参考(弁護士法人アディーレ法律事務所)