事故などで慰謝料をもらうときの注意

事故で慰謝料を請求しようとします。しかし、この慰謝料は自分である程度知識をつけていないと、騙されると言いますか、もらえるお金の量がかなり減ってしまうということになってしまうかもしれません。必要書類などは保険会社が用意していくれると思っていますが、実際全くそのことに触れず、被害者の人もそれを知らなかったというようなことがあるようです。

これにより休業損害をもらえないなんてことがあったそうです。そもそも信用できる保険会社以外は選ばないようにするべきだと思います。その場の空気などに流されて、これでいいかと言って保険を決めてしまうと、あとあとものすごく後悔する羽目になります。

それこそ何百万円という差が出てしまうようです。医者のほうもどうやら保険金を減らしてこようとすることもあるようです。医師の診断ひとつで保険金がもらえるかもらえないのか決まってしまうのです。もし、手が動きにくいから仕事ができないと言ってもそれを打撲などで片付けられると保険金が下りないなんてことがあります。

「交通事故の慰謝料が妥当な額か判断するポイントとは」